誰でもインスタグラムフォロワーを1万人以上に増やすコツ

投稿日:2017年12月10日 更新日:

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/iPhone8IMGL8198_TP_V.jpg

インスタグラマーはフォロワー1万人から?

インスタグラマーの事務所に所属して活躍されている方の、最低限のフォロワーは1万人と言われています。これが、最低限の水準です。

つまり、インスタグラマーや、法人アカウントとして結果を出していきたいと思っている皆さん。フォロワー1万人に満たない方はしっかりコツを抑えてフォロワーを育てて行く必要があるのです。

もしインスタグラマーになることができれば、仕事として旅行が出来たり、洋服を貰えたり、発売前の化粧品を貰えるなど自由な生活を送ることが出来ます。

※また、平均1つの投稿で50万円程度の報酬を貰うこともできます。

どうすればインスタグラムにおいてフォロワーが増えるのでしょうか?

今回は、そんなコツについてご紹介できればと思います。

まずは、プロフィール見直し

気を抜きがちなプロフィールですが、まずフォロワーがチェックするポイントです。インスタグラマーのプロフィール欄は一味違います。

例えば、以下のアカウントの自己紹介は「高校球児のお弁当記録」です。

f:id:yuhei0906:20171209231601p:plain

『全国のスポーツをしている息子を持つ母親』にとって、お弁当は死活問題。

母親自身は、あまりガッツリしたご飯を食べないかもしれません。だからこそ、こういったアカウントの写真を参考にして、「こんなお弁当にしたら、息子はきっと喜んでくれるかも!」とフォローしてくれるわけです。

つまり、『どんな人』に向けて、『どんな価値』を継続的に提供したいか、という事を意識して、アカウントのプロフィールを記述することが重要です。

提供価値がぶれてしまうと、どんなにいい写真、が1枚あがっていたとしても、フォローが増えることはありません。

写真の質をとにかく上げる

写真の質とは、『画質』に限った話ではありません。

画質はもちろん、構図、色合い、人物、など非常に多くの要素が絡み合って、写真の質というものが決まってきます。

なので、Hiroaki FukudaさんHideaki Hamadaさんなど、フォトグラファーと呼ばれる人たちの写真を参考にしながら、自分なりのスタイルを見つけていくことが重要です。

もし、資金に余裕がある法人様などは、カメラマンの派遣などを行っている業者に撮影代行をしてもらう事を検討しても良いかもしれません。

写真の質によって、ほぼ同じキャラクターの写真でも波及率が約800倍も異なります。

f:id:yuhei0906:20171209232950p:plain

f:id:yuhei0906:20171209232957p:plain

(参考)インスタグラムのアカウントの価値を高める方法

ハッシュタグに拘る

ハッシュタグのポイントは2つあります。

1つ目は、『11個以上ハッシュタグをつける』です。

これに関しては、データに明確に現れていて、10個までは50%のフォロワーしかいいね!してくれないのが、11個にすることでフォロワーの80%以上の反応率を平均的に得られます。

f:id:yuhei0906:20171209234203p:plain

2つ目は、『ニッチなキーワードで上位9枚に載る』です。

検索エンジンで上位に載る方法と手法は似ていますが、あまり投稿件数が多くないキーワードでハイクオリティな写真を載せ、上位になることで狙いたいお客さんからの流入を確実に狙えます。

SEO対策(検索エンジンで上位に載る方法)では、「ビッグキーワード」という言葉がありますが、お弁当・キレイ・可愛い・おいしい、などありがちなキーワードは、既にインスタグラマーに埋め尽くされています。

よって、下の画像のように、「#お弁当」ではなくて「#がんばらないお弁当」で上位9枚にランクインすることを狙うほうが、ファン獲得の為には重要な事なのです。

550万件の中で9位になるのと、940件の中で9位になるの、どっちが簡単ですか?ということです。

f:id:yuhei0906:20171209233738p:plainf:id:yuhei0906:20171209234022p:plain

インスタグラムのフォロワーを1万人に増やした方法

他のメディアと連携する

案外抜け漏れている所ですが、Twitter・Facebook・Youtubeなど他のメディアをしっかり使ってフォロワーを増やしていきましょう。

https://gaiax-socialmedialab.jp/wp-content/uploads/8c8fc3401de4177075edef09d5171572.jpg

ちなみに、SNSだけではありませんよ。

あなたが活用している、ホームページや、パンフレット、名刺など、全てにインスタグラムアカウントは掲載されていますか?

少しでも、あなたが発信しているものがあるならばインスタグラムアカウントを露出することが出来るように対策していきましょう。

※より高度になれば、それらSNSを全て活用して、お店やあなた自身のブランディングや最終目的につなげていく必要があります。

人気インスタグラマーは何をしたのか

分析ツールを活用する

インスタグラムは、基本的に感覚でやっている方が多いのではないでしょうか?しかし、イマドキは、ビッグデータなどを利用して、しっかり自分のアカウント運用を数字の面から分析することができます。

インスタグラムの分析ツールでは、あなたのインスタグラムアカウントに最も最適な投稿時間や、最適なハッシュタグなどを分析することが出来ます。(Union Metrics、インスタレポ、pophashinfo、PONY、アイスタ、ナビスタ、Iconsqureなどが既にございます。)

f:id:yuhei0906:20171210000125p:plain

運用ツールを上手に使う

実は多くの企業やインスタグラマーが自動運用ツール を導入しています。

「そんなのずるい!」と思われる方も多いかもしれません(笑)

しかし、投稿のシェアなどがインスタグラムにないので、新規の人に気づいてもらうには、『①Webサイトなど全く違う経路から発見してもらう。』『②<いいね>や<コメント>などのアクションをしていく。』の2つしか方法はありません。

自分のことを<いいね>をしてくれた人のアカウントは、一応チェックしませんか?どんな人が見てくれたんだろう?と、気にしてもらうことが重要です。

そこに気づいている方のほとんどは手動で<いいね>や<フォロー>をやってしまうのですが、効率的ではありませんよね。

人力でそれらを行っていると、上限を越えてアクションを起こしてしまい、最悪の場合アカウント凍結されてしまいます。

そこで開発されているのが、上限もしっかりカバーした自動運用ツールなのです。

f:id:yuhei0906:20180318065130p:plain

(Lim follow-upより)

自動ツールを使うことによって、仕事をしている間も、寝ている間も、1日に2~3万アカウントに向けてアクションしていく事が可能になります。

また、<フォロワーを購入する>のとは全く違っています。

アクティブなアカウントにターゲットを絞ってフォロー返しを狙っているので、きちんと[ファン]や[お客様]になる可能性があります。

Lim follow-up、#BANG、#Likesなど多くの企業が参入していますが、以下はその特徴についてまとめた記事になっているので是非チェックしてください。

まとめ

大きなポイントとしては、以下の3つです。

① 『どんな人』に向けて、『どんな価値』を継続的に提供したいか。

② 写真のクオリティやハッシュタグでファンを増やす。

③ 分析ツールや自動運用ツールを上手く利用してフォロワーを伸ばす。

これらをしっかりと意識することで、個人であっても法人であってもしっかりと結果を残していく事ができると思います。

どうしても直ぐに結果を出したい方は?

また、インスタグラムのアカウントを育てていくのには時間がかかります。

特に、元からモデルやブロガーなどをしていてファンが居る有名人と違い、一般人が、自然発生的にフォロワー増やしていくのであれば、1万人を上記のような戦略で確実に増やしていくためには、平均的に1年半〜2年程度かかってしまいます。

法人の方など、早めに結果を出していきたい方は、自動運用ツールや分析ツールを上手く組み合わせていくことで、半年〜1年程度に時間を短縮できるので、是非活用してみてください。

 

-インスタグラマー向け, オススメ記事, コラム, 法人マーケティング向け

Copyright© インスタ自動いいねツール全18社の特徴・評判比較まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.