【最新版】4月4日のInstagramAPIアップデートによる対策。

投稿日:2018年4月27日 更新日:

f:id:yuhei0906:20180427212354p:plain

アップデート概要

The following capabilities will be disabled immediately (previously set for July 31, 2018 or December 11, 2018 deprecation):

Follower List – to read the list of followers and followed-by users Relationships – to follow and unfollow accounts on a user’s behalf Commenting on Public Content – to post and delete comments on a user’s behalf on public media Likes – to like and unlike media on a user’s behalf Subscriptions – to receive notifications when media is posted Users Information – to search for and view users’ public content Some information on Public Content returned through hashtag and location search – Name, Bio, Comments, Commenters, Follower Count, Following Count, Post Count, and Profile Picture

Instagramから届いたメールより引用

要するに、以前は2018年7月31日と12月11日に廃止をすると予告していたAPIの機能を、もう使えなくしてしまいましたよ、というお知らせの内容のようで、インスタグラム側がアップデートを発表したと同時に、APIの制限をより厳しく行なっているようです。

※「API」とは、あるサービスが他社に情報公開しているものです。「GoogleMap API」を使って、Uberなど別のサービスが生まれています。

どうもFacebookの情報流出が原因となっているようですね。

(参考) Instagram、予告無しにAPIへのアクセス制限を強化 | スラド IT

2018年4月4日時点でInstagram APIを使ってできなくなったことはたくさんあるのですが、まずあげられるのが「他のユーザーのInstagramのデータを一切取得できなくなった」ことです。

(中略)

・ユーザー自身がフォローしているアカウントやフォローされているアカウントがどのアカウントなのかという情報

・一般公開されている写真についたコメントに関する情報

・写真についている「いいね!」の情報(件数など)

・Instagram APIを使ったユーザー検索

Instagram API仕様変更・終了・廃止関連の情報まとめ。

これにより、いくつかの「自動運用ツール」が稼働できなくなったようです。

以下のツイートでは、#bangと#365が使えない旨が書かれています。

法人SNS担当者の対策

こういった状況で、弊ブログでもおすすめしているようなサービスは徐々に使えなくなってくるのではないかという懸念があります。

では、使わない方がいいのか?

むしろ、早めに使っていくべきです。

誰でもインスタグラムフォロワーを1万人以上に増やすコツ

こちらでも紹介しているように、自動運用ツールを上手に使うことで、

誰でもどんなアカウントでもフォロワー1万人という数字を達成できます。

これを制限されてしまった後の世界では、

・本当の意味での有名人やインフルエンサー。

・それまでにフォロワー1万人を抱えている人。

だけしか、インスタグラムで生き残れないでしょう。

だからこそ、こういったツールが使えるうちに使っておく事をおすすめします。

通常稼働している自動運用サービス

弊メディアでもなんどもご紹介していますが「LIM follow-up」はやはり強いです。

こういった制限やAPIにも負けず、今後もサービス展開して欲しいところです。

※LIM follow-up以外のサービスで通常通り稼働しているものは発見次第追記します。

今後のインスタグラムの未来

2018年7月31日まで使用可能なもの

・Follower List

・Relationships

・Commenting on Public Content

2018年12月11日まで使用可能なもの

・Commenting

・Public Content

・Likes

・Subscriptions

2020年には非推奨になるもの

・Basic

非エンジニア向けInstagramAPI解説 - Qiita

こちらを見ていただければわかりますが、ほとんどのAPIが制限されてしまいます。

「Basic」が制限されてしまえば、これまでの仕組みの中でのインスタグラムマーケティング、自動運用ツール、分析ツール、といったものは通用しなくなってしまうでしょう。

さいごに

最後に、こういった状況の中で、「インスタグラム上でフォロワーを増やしていくのが難しくなってくる」のは当然です。

だからこそ、今のうちに準備を進め、フォロワーを獲得しておくことをお勧めします。

フォロワーを集められなくなってからでは遅いのです。

その時には、「フォロワーが多い人間」と「フォロワーが少ない人間」の間には、圧倒的にマーケティング・リーチ数の差が生まれていることだと思います。

現在、唯一通常通りの稼働が確認できているのは、「LIM follow-up」です。

また、その他のマーケティングツールもご紹介しているのでこちらも確認してください。

>>インスタ自動運用ツールのオススメTOP7 (無料ツールも紹介) 

-API, コラム

Copyright© インスタグラム自動いいねツール全26社の特徴・評判比較まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.